ネイル学校 費用

ネイル学校費用の落とし穴

ネイルの職業はキレイになりたいという女性の願いを応援する素晴らしい職業です。
また、自分のお店を持つという夢を叶えるにも、美容室やエステなどに比べると
小規模で出来るネイリストという職業は独立開業しやすいという魅力もあります。

 

そんな背景もあり、今ネイルの資格を取得しネイリストになろうという学生、OLが
急増しています。

 

ある情報によると、パンフレットの請求も今や美容師の5倍以上もあるとのことです。

 

ネイル学校の学費、費用は美容師やエステティシャンなど他の学校の資格に比べて
費用の相場は安いです。

 

学校によって費用に差がありますが、ネイリストになる為のトータル的な事を学べる
プロ養成コース(トータルコース)の相場は安い学校で60〜70万円程度。

 

ネイル検定資格保証制度や就職保証などのサービスが充実したネイル学校では、
大体100万円位が相場になります。

 

 

しかし、ネイルの学校の選び方にはいくつかの落とし穴があります。

 

ネイル学校の費用の記載には3つの点にご注意ください。

 

安いばかりが良いのではないということです。

 

ネット検索だけでは、この3つの落とし穴をちゃんと調べることが出来ません。
例えば費用は最安値を記載している場合が多いからです。

 

必ずパンフレットを手にして、費用に関する3つの落とし穴をチェックしてみて下さいね。
目に見えない費用はいくらか。費用が高い理由に納得できるサービス内容か。

 

この辺りをチェックしてみて下さい。

 

 

日本ネイリスト協会認定ネイル専門校のパンフレットを一度の記入で
一括で請求できるので3分位で終わります。

 

3分の手間で大損しないように、パンフレットにてしっかり比較してみてくださいね!

 

 

ネイリスト協会認定ネイル専門校の一括請求はコチラ(無料)

 

 

授業のトータル授業時間と質は?

数あるネイルスクールの中には、安さを売りにしているネイル学校もあります。
もちろんパンフレット製作費や広告費を押さえて、その分をネイルスクールの授業料として
学費を低価格に抑えている学校もあります。
そういった学校であれば、授業のカリキュラムやトータルの授業時間も他の一般的な学校と
同等で学費、その他費用のみを安くすることができますので問題ございません。

 

ところが中には、費用の安さをアピールするもそのカリキュラムをよくよく見ると
授業時間、授業回数が少ない、教材の質が悪い、そもそも講師のスキルが低い
などと言った致命的な問題がある場合があります。

 

ネイル学校を選ぶときには、費用の安さだけで飛びついては危険です。
パンフレットを手にしてシッカリ詳細をチェックしてから学校を決めましょう!

 

また費用を考える場合、学費の中に教材代は含まれているのか?
それとも別途費用がかかるのか?
このあたりも忘れずにチェックしてくださいね!

 

 

ネイルスクールの費用の記載は最安値で書かれている!

多くのネイルスクールはクラス制、フリータイム制、通信制のいずれか、
またはそのすべての授業スタイルをもつネイル学校もあります。

 

注意が必要なのは、記載されている価格はその最安値である場合があり、
相場ではないということです。

 

最安値30000円〜のような記載であれば、ネイル検定3級取得の為のクラスであったり、
初心者が1つネイルの資格を取得する為の内容だったりします。

 

あなたがネイリストとして、どんな勉強をしてどんな資格を取得したいのか。
そして、プロネイリストとしてネイルサロンで働きたいのか?
それとも独立開業まで目指したいのか?

 

その当たりのプランをまずは考えて、その上でネイル学校を選ぶと良いでしょう。

 

 

ネイル検定対策の授業がカリキュラムに含まれた学費、費用になっているか?

どの学校にもネイルの資格だけを取得する各種ネイル検定対策の個別レッスンコースと
総合的にプロのネイリストとしての知識、技術が学べるトータルコースとがあります。

 

パンフレットを見る時に注意が必要なのですが、
トータルコースとあってもよく見ると、ネイル検定対策の授業は別途費用がかかる場合があります。

 

プロのネイリストになりたくてトータルコースに入ったのだから検定試験を受けるのは当然だと思うのですが、
学校によっては別途費用を支払って授業を受ける必要がある学校があります。

 

また、教材代が含まれているかどうかも重要です。
入学金+受講料としか書いていなければ、教材代が別途必要の可能性があります。

 

この点もうっかり見逃さないように、パンフレットを注意深く見てチェックしてみて下さい。

 

ネイルのパンフレットが届いたら、ネイル学校費用としては必ずこの3つは必ずチェックしましょう!

 

また、パンフレットの中に入学金割引クーポンやキャンペーン特典がある場合もよくあります。

 

入学金3万円無料になるクーポン券などもありますので、見逃さないように確認してみてください。

 

 

ネイリスト協会認定ネイル専門校の一括請求はコチラ(無料)が便利

 

ネイル学校選びは学費や費用だけじゃない!失敗しないネイルスクールの選び方

ネイル学校選びは、学費や費用の安さだけで選んではいけません。

 

多少費用が高くても、それに見合う理由があれば将来的にネイリストとして仕事をして活躍できることを考えると
安い投資ということもあるからです。

 

たとえば、ネイル検定試験合格保証制度といったものもそれにあたるでしょう。

 

ヒューマンアカデミーネイルスクールや、キャリエールネイルカレッジ、K-twoといったネイルスクールは
ネイル検定試験合格保証制度を設けており、ネイル検定試験に合格するまでしっかりサポートしてくれます。

 

万が一検定試験に不合格の場合でも、次の検定試験までに苦手な科目を繰り返し勉強し強化でき、
講師の直接指導も受けられるという体制はネイル学校選びのポイントのひとつです。

 

ネイリストが就職するにあたり、どの資格を取ったからプロという規定がありません。
しかし、ネイル学校に入ったからにはやはり検定試験は取得した方がネイルサロン就職にも有利ですし、
また信頼も得られます。

 

因みに、上記ヒューマンアカデミーネイルスクールや、キャリエールネイルカレッジ、K-twoといったネイルスクールは、
ネイル検定試験合格保証制度以外にも、就職保証制度、受講料返金保証制度まであります。

 

また、スチューデントサロンにてネイルサロンの現場ですぐに即戦力として働けるように
学生の時から接客を学べる学校もあります。

 

ネイル学校を選ぶときには、学費、費用といった金額以外のサポート体制というものにも注目してみて下さい。

 

 

失敗しないネイルスクールの選び方のおすすめは、

 

パンフレットを手にしたら、以下の3つのポイントを抜き出してノートにまとめることです。

 

直営のネイルサロンはあるか、提携ネイルサロンの数と規模

 

検定合格保証制度、就職保証制度などのサポートの充実度

 

ネイル検定対策を含めたトータルでの学費、費用はいくらか?

 

 

この3つをそれぞれ抜き出して行き、最終的に候補を絞り込み学校見学に行ってみましょう!